援助サイトと言うのは、要するに援助希望の方達を探すサイトになります。
そこでは援助交際は当然の事、逆援助また家出少女達なども存在しています。
普通男性達が女性達へと金品等をあげ、その見返りに身体の要求をするケースが多くなっています。
また相手の年齢層も広く、下は10代また上は人妻等とても幅広くなっている様です。
またこの様な援助のサイトを使わずに、例えばミクシィ等などを使って募集している方達も多くなっておりよく問題になったりしています。
援助サイト聞くといろいろと悩みますが、それがコミュニティーサイトやブログを介してであれば「安全」と感じる方達も多い様です。

またこの援助サイトを使う時に注意する事は、金銭面に対しての問題になってきます。
出会い系サイトの中にあるトラブルの中では、この援助また逆援助サイトでよく出てきます。
それは例えば不当請求や架空請求、またいろいろな金銭のトラブルなどになってきます。
これらにはよく注意しておいて下さい。

そしてこの様なサイトでは「サクラ達」も多くなっています。
安心安全にこの援助サイトを使う為には、口コミサイト等でこの様な手法をよく学んでおく事が大切になってきます。
甘い言葉にはよく注意しておいて下さい。

援交ブームとポケベルの関係について

援助交際のブームについて、その当時連絡をする為の最先端のツールであった「ポケベル」の存在を知っている方達多い事でしょう。
このポケベルが現在では携帯電話へと変わり、援助交際の形態もその当時と比較してとても進化してきています。

それは例えば携帯を利用して出会い系サイトの中の掲示板へと書き込みをして、援助交際希望の相手をすぐに見つける事が可能になってきました。
また自らの居住地域で検索をする事も可能なので、相手を見付けるのもとても簡単になってきました。

このポケベルから携帯電話へと進化してからは、この援助交際以外に、神待ちや売春の様な行為が多くなってきて、それによる被害者も膨らんで来ている様です。
この世の中、最近は性犯罪が減少している様な雰囲気もありますが現実はそうでもありません。
性犯罪で被害に遭った事実を告知するのがとても恐いので、それを隠蔽する様な女性達が多くなり、その状態は何も変わっていないのです。

また私の周りの女性達に尋ねてみても、援助交際を実際に行っている方達や、援交で騙され多くの男性達から暴行を受けた女性達、また美人局に係わっている女性達は多い様です。
将来に向けてこの様な女性達を減らす事が大切になってきます。
それには大人達がしっかりとサポートしてあげる必要があります。
援助交際のブームが再び起きる事の無い様に、大人達がきちんと看守していく必要があります。